文学

騎士団長殺し 第1部, 第2部 / 村上春樹著

団長殺し.jpg
その年の五月から翌年の初めにかけて、私は狭い谷間の入り口近くの、山の上に住んでいた。夏には谷の奥の方でひっきりなしに雨が降ったが、谷の外側はだいたい晴れていた・・・・・それは孤独で静謐な日々であるはずだった。 騎士団長が顕れるまでは。 『騎士団長殺し』背表紙より

▲ページトップへ

図書館利用案内

□利用時間
授業時間中の月~金曜日
9:10~17:50
土曜日
10:30~15:30

12

詳細

3月
カレンダー
アクセス数: