教科紹介

自信を高め、価値ある進学を考える。一人ひとりの未来像が見えてくる。

本校が一番大切にしているのが授業。本校の教員は授業に全力を注ぎ、生徒にとって「わかる授業」「楽しい授業」「ためになる授業」を常に心掛けています。各教科の個性豊かな魅力あふれる教員たちをご紹介します。

普段の授業の中で、文法や文章読解を学びます。また小テストで語句や漢字などを繰り返し練習し、基礎をしっかり固めます。コース別に、大学受験対策、模擬試験対策として現代文、古典の演習授業を行います。

1年 2年 3年
国語総合で古文・漢文の基礎をしっかりと学習します。また、発展的な内容も含めて学習することで、確かな実力を身につけていきます。 大学入試センター試験に対応できるよう基本的な内容をしっかり学習し、実力を養成します。 コース別に国公立大学・難関私立大学・学園内大学の入試に備え、実践的な学習を行います。

コースによっては長期休暇中に大学受験を意識した講習を実施します。日常の授業では、学校行事や時事問題などと関連させながら進め、学んだことを受験だけでなく、実社会でも活かせる人材も育てていきます。

1年 2年 3年
全コース共通で「世界史A」と「現代社会」を学習します。私たちを取り巻く現代社会の現状とそこに至る歴史を学びます。 コースや文系・理系によって履修する科目が大きく変わってきます。それぞれの目標に応じた科目を学習できます。 2年生で学習した科目をさらに深化させ、大学受験や実社会で通用する知識と教養の習得に力を入れ、応用力を養っていきます。

コース別に模擬試験対策や大学受験対策として、過去問題の演習を行い、解説を入れながら授業を進めていきます。また、各コースでそれぞれの目標に応じた放課後学習タイムや長期休暇中に難関大学の受験を意識した講習を行います。

1年 2年 3年
入学当初に、中学校の復習を行い、基礎力の定着を図ります。授業では、基本的な概念・考え方を身につけながら、演習問題に取り組みます。 各コースの特長を生かしつつ、基本問題から確実に押さえていくことを第一の目的とします。その上で、大学受験を意識した授業を展開していきます。 コース別に、入試問題を視野に入れた発展問題に取り組みます。志望校の受験に対応した応用力の育成を図ります。

コース別に、物理・化学・生物の受験対策を行います。難関大学の理系学部に対応できるように、基礎から発展問題まで演習を行います。

1年 2年 3年
物理・化学の基礎をしっかりと身につけ、将来の希望進路に合わせて学習の到達目標を設定します。発展的な内容も含め学習します。 理系クラスは、物理・化学を重点的に学習し、模擬試験や実力テスト対策を実施。大学入試センター試験に対応できるよう、基本的な内容をしっかりと学習します。 物理・化学の内容を深く掘り下げ、応用力を養成します。国公立大学・難関私立大学・学園内大学の受験に備え、実践的な学習を行います。

英語4技能(読む・書く・聞く・話す)をバランスよく伸ばすように心掛けています。英検対策や各学期の補習、さらに英会話講座や海外語学研修などを通して、グローバル人材に必要なコミュニケーション能力の育成を図っています。

1年 2年 3年
高校英文法の基礎力充実を図ります。また本格的に英語検定にチャレンジしていきます。飛躍のための基礎力を定着させます。 4技能のレベルを徐々にアップして、受験レベルに高められるようにします。基礎力を発展させるため「量」を意識した学習を行います。 進学目標を意識したカリキュラムにより、目標達成をめざします。英語検定では、2級・準2級の合格を目標とし、培ってきた力に磨きを掛けます。

授業評価アンケート

本校では、年に2回全校生徒を対象に授業評価(授業アンケート)を実施しています。本校の教員は、生徒からの評価を真摯に受け止め、常に授業力向上に努めています。

アンケート項目の一例

Q. 板書(指示)がよく整理されて、的確で分かりやすい

Q. 質問には丁寧に対応してくれる

Q. 授業の流れや要点が明らかにされている

授業評価 授業力向上